サラリーマン、なるか家賃1億円に王手
>> ホーム
>> RSS1.0
FC2カウンター

プロフィール

グローバル

Author:グローバル

お気に入りに追加♪



⇒私の人生を変えた本です。

人気ブログランキングへ

~大阪出身 サラリーマン~
サラリーマンの傍ら、
大阪不動産投資で副収入を得ています。

サラリーマン年収をあげるにはどうするか良いかを徹底研究し、
高評価を受け、さらに転職。転職先でもスキルを磨き続け、年収をあげ続けている。
そしてその年収を引っさげて不動産投資開始。

投資開始後1年で家賃収入が年収の数倍に。
サラリーマンの年収アップと不動産収入のアップの
ハイブリッド収入で、なんにもなしから資産家を目指す。

1棟目 2007年9月 ファミリー23部屋、2店舗、屋外広告
月家賃290万円
2棟目 2008年7月 シングル45部屋 1店舗、2駐車場、駐輪場 月家賃390万円

3棟目 2010年3月 ファミリー7部屋 1店舗、1駐車場、駐輪場 月家賃120万

現在:月間家賃 約800万円/月 約9600万/年(満室時)

サラリーマンが忙しくて物件を見に行く暇もない。
素人で不動産に関してよく分からない!
不器用でDIY大家さんにはなれない!

そんな私ですが家賃1億を目指してがんばります。

お気軽にコメント残してください。

~収益物件仲介業者様へ~

現在大阪を中心に関西方面で物件を探しております。
情報のご提供はを右下のメールフォームからいただければ
ご連絡させていただきます。

~書籍等~
Big tomorrow 2009年3月号
『1億円稼いだサラリーマンの「お金が急に増えだしたきっかけ」』

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

サイト情報

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

書籍紹介
訪問ありがとうございます。ポチっと応援クリックお願いします。

先日ブログに書いたコンサルティングを受けたときに
その会社の社長が書いた本の紹介です。

コンサルを受けたときに、参考にということでいただいた本なのですが、
2008年度の本なのでもう賃貸経営は左団扇でないということを強く訴えている本です。

特に強く強く訴えている内容が、
1.収益物件のオーナーは経営者としての自覚を持たなければならない
2.入居者のために住みたい物件を提供しないと生き残れない
3.差別化された物件が入居率110%を達成できる物件である
 →入居率110%というのが 行列ができるマンション

差別化された物件としての具体的なアイデアとして、
40m2のワンルーム
ペット専用マンションでコミュニティーを作る
健康マンション(有害物質不使用など)
老人介護マンション

などがありました。
なかなか利回りを追求するのが難しい条件のように思いましたが、
利回りばかりを追求していると入居者に選ばれる物件ができない!
とごもっともな事が述べられています。

基本的に地主、資産家向けに書かれてある本のような気もしたので、
理解できますが、非資産家の私にとってはうーん 利回りもほしいし。。。
と思えてしまいました。

しかし、この会社の内容はすばらしく、信用できるという内容もびっしり書かれています。
現金で9%程度でも行列ができる新築RCを買えるようになったらいいですね。
現金で帰るくらいだったらフルローンがでるでしょうけど。。。



応援クリックお願いします→人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
本紹介 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/10/07(木) 01:18 ]

書籍紹介!
訪問ありがとうございます。ポチっと応援クリックお願いします。

ちょっと前に発売された本ですが、よい本でしたので紹介します。



これで2冊目の本ですが、1冊目の本もすばらしかったので、
その続編での運営に特化した本。

収益専門の仲介業者の大谷社長が書いた本ですが、
さすが東大卒?というか、文章力はすばらしいですね。
わかりやすい!

この満室本で書かれていることは
仲介と管理を一緒にやっているところでなく
管理に特化する管理会社に任せることが満室の決め手だ!
ということに重点が置かれています。

私は現在所有している3頭はすべて管理専門の会社に任せており、
この本の言うとおりであると、納得すると同時に
自分のやり方が間違っていなかったと、確認できました。

しかし、この大谷社長の会社での管理部門がやっている
決算書まで見せるというのはやっておりません。

決算書を見せるというのは、自分の成績書を見せるようなもんで
なんとも恥ずかしいものですが、
管理会社がそれで私の方針をさらに理解してくれ、経営に協力してくれるのならば
決算書をOpenにするのは悪くないことだと思います。

地域によって任せるべき管理会社の形態は違うと思いますが、
私の投資区域は決まっているので、今後もこのスタンスを続けようと思いました。

応援クリックお願いします→人気ブログランキングへ
本紹介 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/10/05(火) 00:00 ]

本紹介
応援クリックお願いします。

2年位前に出た本ですが、和合実さんの


を読みました。
『出口からみる~   』という、私がいまだに経験したことのない出口を考えた本なのだろうと、
タイトルに興味を持って購入しました。

レビューですが、
個人名を出して、いろんな購入事例や購入にいたらなかった事例をまとめられています。
関西の事例のようなので、興味を持って読みましたが、
ほとんどの購入者が、自己資金をかなり入れているか、
資産の組み換えや手持ち現金で、フル自己資金という事例が多かったです。
利回りも10%に満たない物件の事例が多く、
私のようなレバレッジの事例はひとつもありませんでした。

なんか、ぜんぜんスタイルが違って参考にならないなーと、残念に思って
読み終えようとした最終章に、読んでよかった!と思える内容がたくさん!

この著者は、 『失敗しない不動産投資』  というのを最大のポリシーにしていて、
そのためにフルローンは勧めない、ということです。
フルローンは、失敗につながるかと思いませんが、可能性はゼロではありません。
それをゼロにしたい、というのがこの著者の最大のポリシーです。
売り切りの仲介業者ではなく、
コンサルタントとして購入後も購入者のことを考えるのであれば、当然かもしれません。

そして最後にこの著者自身の不動産投資の目標も書かれていました。
それは、
立地が一等地で、店舗を持つこと。 ということでした。

すごく良く理解できました!!!
レジデンスは必ず空室リスクがあり、古築になるとそのリスクはどんどん大きくなります。
しかし、一等地の店舗であれば、何年経ってもその価値が変わることはないということです。
不労収入に限りなく近く、大家業など発生しないのです。
ただし利回りはすごく低いですが。。。それは投資家の立場で、資産家の立場で言うものではありません。
大阪で言えば心斎橋商店街に店舗を持っていればよいのです。
そんな時タイムリーに、あの渋谷109が競売にかかっています。
まさに夢ですが、お金があればこんな立地の物件も購入できるんですね。

年をとって空室率などに考えたくないので、
私のゴールも最高立地に店舗というのが最終目標になりそうです。→人気ブログランキングへ
本紹介 | トラックバック:0 | コメント:4
[ 2009/07/19(日) 09:56 ]

今田氏の満室本
応援クリックお願いします。

発売された当時は売り切れになったそうですが、今はAmazonなどで即納で購入できるようになった、光速収益不動産投資性工法で有名な今田氏の本

アパ・マン137室入居率97.4%の満室経営バイブル

を購入しました。
今読み始めたばかりですが、私が満室経営本でバイブルにしていた浦田健氏の本

家賃30%アップでも!あなたのアパートマンションを即満室にする方法

でしたが、大家が掃除に行って入居者に挨拶する、POPを張るなど近くに住んでいないと
出来ないことも多かったのに対し、

今田氏の新書は遠隔操作するときの戦略等が書かれているとのことだったので、
遠隔操作マンション経営派の私にとって、大変興味がありました。

まだ半分も呼んでいませんが、
序盤に敷金・礼金・家賃と募集広告費を最適化するということが重点的に書かれてありました。 
その最適化の目安が成約率でするということです。 

当たり前のような頭でわかっていたようなことでしたが、
ここまで重点的に書かれると、私も再考に十分値するところがあると思いました。
後半を読んでレビューを再度書きたいと思いますが、
当たり前の事でも説得力のある根拠や実績で力説されると
改めて納得させられると思いました。

ところで、今田氏も大阪の人なんですね。

最後まで読んだレビューに興味ある人は→人気ブログランキングへ

本紹介 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2009/06/08(月) 12:50 ]

けーちゃんの本の感想
応援クリックお願いします。

年末に投資家けーちゃんの本を読んだが、その感想を書いてみようと思います。



けーちゃんの本の内容に『満室チーム』という言葉が出てきます。
まさに私もこの重要性は認識しており、私のような素人でも成功に導いてくれる
プロの集団に支えられてこそ今の私があると思っています。
いつも感謝してそのチーム作りに励んできるのが
仲介業者、管理会社、税理士、銀行、保険会社、製品や設備の専門会社などです。

彼らに接しているとさまざまなアドバイスが得られます。
もちろん私の不動産投資に関する諸経費を目的としてさまざまなアドバイスをしてくれるのですが、
それはビジネスですからWIN-WINが達成できるコミュニケーションを心がけております。

そして、注意したいのはけーちゃんは単に地方の方が利回りが高くて良いと言っているのではなく、
地方でも成功できると言っているのです。
地方で成功するための条件として、その地域をよく理解している事といっているがまさにそれがすべてです。
けーちゃんも北陸地方に5年間住んでいたし、その他の知らない地方にはまったく投資していない。

利回りは北陸ほど高くないが、私にとって熟知している地域とは大阪なのです。
だから私は大阪不動産投資!

また、私の考えに影響を与えたのは、
私も将来はDIYや自己管理が出来る大家になりたい(なったほうが良い)と思っていましたが、
けーちゃんはこれを完全に否定していました。
理由は自分がするよりも何倍も早く、上手に仕上げるプロに委託したほうが良いとの事です。
いまは、私は遠隔地のためにすべて依頼せざると得ない状況ですが、それでよいとの事です。
これについては別の機会に書いてみたいですが、この本を読み思いが断ち切れた感じです。

PS
けーちゃんとは面識はありませんが、最近の不動産投資本に無かった新しい切り口で書かれた正直に良い本でした。

応援クリックお願いします。

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

本紹介 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2009/01/20(火) 12:56 ]

copyright © 2017 サラリーマン、なるか家賃1億円に王手 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。