サラリーマン、なるか家賃1億円に王手
>> ホーム
>> RSS1.0
FC2カウンター

プロフィール

グローバル

Author:グローバル

お気に入りに追加♪



⇒私の人生を変えた本です。

人気ブログランキングへ

~大阪出身 サラリーマン~
サラリーマンの傍ら、
大阪不動産投資で副収入を得ています。

サラリーマン年収をあげるにはどうするか良いかを徹底研究し、
高評価を受け、さらに転職。転職先でもスキルを磨き続け、年収をあげ続けている。
そしてその年収を引っさげて不動産投資開始。

投資開始後1年で家賃収入が年収の数倍に。
サラリーマンの年収アップと不動産収入のアップの
ハイブリッド収入で、なんにもなしから資産家を目指す。

1棟目 2007年9月 ファミリー23部屋、2店舗、屋外広告
月家賃290万円
2棟目 2008年7月 シングル45部屋 1店舗、2駐車場、駐輪場 月家賃390万円

3棟目 2010年3月 ファミリー7部屋 1店舗、1駐車場、駐輪場 月家賃120万

現在:月間家賃 約800万円/月 約9600万/年(満室時)

サラリーマンが忙しくて物件を見に行く暇もない。
素人で不動産に関してよく分からない!
不器用でDIY大家さんにはなれない!

そんな私ですが家賃1億を目指してがんばります。

お気軽にコメント残してください。

~収益物件仲介業者様へ~

現在大阪を中心に関西方面で物件を探しております。
情報のご提供はを右下のメールフォームからいただければ
ご連絡させていただきます。

~書籍等~
Big tomorrow 2009年3月号
『1億円稼いだサラリーマンの「お金が急に増えだしたきっかけ」』

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

サイト情報

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

内容証明による催告書送付
応援クリックお願いします。

いつも遅れがちな入居者がいる。
この入居者は東京の本社にある個人の不動産会社で、
法人で契約しており、住んでいるのは従業員。
いつも催促は管理会社が東京にいる社長としている。

2ヶ月遅れそうになると、いつも入金がある。
いつもそのペースで入金していただいていたのだが、
ここにきて完全に2ヶ月滞納、3ヶ月目に突入しそうである。

しかもここだけ私が所有する前から契約しており、一番安い家賃で入っている。
2LDKの部屋で、私がオーナーになってから、10.5万円なのに、
ここは8万円なのである。
でて行ってもらっても痛くも痒くもない。

いままで毎月のように催促をしてもらっていたが、
相手も不動産関係者なので、いろいろ詳しいらしい。
-連絡がついて、払う意志を示していて、遅れても払っていること。
-強制退去なんか、やれるもんやったらやってみぃ
と強気でいる。

このまま長引かせるわけにも行かないので、
管理会社と良く相談した上、内容証明で督促状を送ってもらうようにした。

そのコピーが送付された。
催告状


白黒、縦書き、文字間が広い、
とにかく冷酷な感じ。

これが有効な手段となればよいのだが、年末まであまり動きがなさそうなので、
1月頃までなんとかゆっくりでも払ってくれて、
2月退去ですぐリフォーム募集といけば理想なのだが。。。

そんなにうまくいかなさそうです。。。

応援クリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

家賃 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/11/27(木) 20:31 ]

リプラスの損害回復2
先日書いたリプラスの損害が出た部屋に過去に契約した保証会社の事情が詳しくわかった。
前々所有者時代の管理会社が、日本賃貸保証を利用しており、
その保証契約が、前所有者に代わったときに引き継がれておらず、リプラスに加入していた模様。
前所有者はキャピタルゲインを短期で狙う業者で、そのときの管理会社も物件とはかなりはなれたところ
にある大手○○マンが行っていて、かなり管理も悪かった。
保証など同でも良かったのでしょう。
短期で売却する予定だったから。。。

そんな事情がわかってきて、日本賃貸保証さんに確認したところ、保証はまだ有効だということで
ほっとしている。実際はこれがわかったのが最近なので、免責期間があって
リプラスの2室分の9月分と10月分の家賃はやっぱりアウトとなりそうである。
リプラスの他の2部屋に関しては10月分からいけるとの事(先に上記が判明して連絡できた分)

物件を購入するときに入居者の保証契約まで調べることは相当難しい。
しかも売主が知らないとなると、絶対に無理である。

今回は不幸中の幸いと諦めます。

始めたばかりですが、挑戦中です。
人気ブログランキングへ

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

家賃 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/10/21(火) 01:27 ]

リプラスの損害回復?
先日ブログに書いたリプラス倒産で5件分の家賃が飛んでしまったとほぼ諦めていたが、
そのうちの1件の入居者から連絡があり、リプラスに家賃を払い込んでいなかったことが判明、
よくも正直に言ってくれたものだ。
9月分と10月分を今週中に振り込んでもらえるように交渉できた。
そして!

他の部屋のはすべてリプラスが倒産前にリプラスに振り込んだことが確認取れているのだが、
なんとマンションの前々所有者が裏保証
(オーナーが入居者の代わりに保証会社に家賃保証を申込む事)をしており、
その契約が生きている可能性があることがわかった。
詳細は契約書や契約者、保証会社に詳細を確認する必要があるが、本当であれば
これを調べて突き止めた管理会社の担当者さんに心から感謝したい。

続きを知りたい方は応援クリック人気ブログランキングへ

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

家賃 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/10/20(月) 00:01 ]

入居者発見
連絡がつかなかった入居者が見つかった。
管理会社に契約書にあったその方の実家まで行ってもらった。
ご家族に確認したところ、仕事で長期の出張に行っていた為、電気も止められて、家賃も振り込んでいなかったのこと。
新しい連絡先を聞いて、家賃も振り込んでもらえることになった。

長期出張で家賃が振り込めないというのも、大家の立場からすると、考え物。
出張が海外か国内かまでは聞けなかったが、家賃滞納を避けるために、
事前連絡や家賃振込みできない事情くらいは連絡はもらいたい。

今後は保証会社に任せることになるので、私としてはリスクはないが、
なんとか入居者のレベルを上げていける方法はないだろうかと考えてしまう。。。

しかし、今回でリプラスの破産に伴う、保証の引き受けは完了した。

リプラスの倒産による損害は5室分の家賃。
今後は保証会社が倒産しないことを祈るばかりである。

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

家賃 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/10/11(土) 23:41 ]

入居者連絡つかず
リプラスの保証を引き継いでくれる会社が入居者の確認をするにあたり、どうしても連絡が付かない入居者がいることがわかった。
管理会社にも確認してもらったが、電気が止められて、済んでいる気配がない。

夜逃げの可能性。。。中で死亡しているなんて最悪な事も考えられるが、幸いにおいは発生していないらしい。
夜逃げならばすぐに退去の手続いをとらなくてはいけないので、入居前の住所に本日管理会社に行ってもらうことになった。

新築からの入居者で、最初の所有者のときの契約なので、私が購入してからお願いしている管理会社とも面識がない人だった。

ただの長期旅行ならばよいのだが、悪くて夜逃げ、最悪部屋で死亡して日がたっていなく匂いがしていないだけ、なんてこともありうるのでなんとも心配である。
警察に捕まって拘留されている場合もコンタクトをとりにくい。

なんとか入居者の足取りがわかって、通常通りの生活をしてもらえるといいのだが。。

この辺が遠隔地で管理会社へ任せっきりだと、歯がゆいところがあるが、物理的に自分で管理もできないのでどうしようもない。。。

またブログをはじめて間もないのにかなりとんでもない状況ですが、また報告します。

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

家賃 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/10/09(木) 12:53 ]

次のページ
copyright © 2017 サラリーマン、なるか家賃1億円に王手 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。