サラリーマン、なるか家賃1億円に王手
>> ホーム
>> RSS1.0
FC2カウンター

プロフィール

グローバル

Author:グローバル

お気に入りに追加♪



⇒私の人生を変えた本です。

人気ブログランキングへ

~大阪出身 サラリーマン~
サラリーマンの傍ら、
大阪不動産投資で副収入を得ています。

サラリーマン年収をあげるにはどうするか良いかを徹底研究し、
高評価を受け、さらに転職。転職先でもスキルを磨き続け、年収をあげ続けている。
そしてその年収を引っさげて不動産投資開始。

投資開始後1年で家賃収入が年収の数倍に。
サラリーマンの年収アップと不動産収入のアップの
ハイブリッド収入で、なんにもなしから資産家を目指す。

1棟目 2007年9月 ファミリー23部屋、2店舗、屋外広告
月家賃290万円
2棟目 2008年7月 シングル45部屋 1店舗、2駐車場、駐輪場 月家賃390万円

3棟目 2010年3月 ファミリー7部屋 1店舗、1駐車場、駐輪場 月家賃120万

現在:月間家賃 約800万円/月 約9600万/年(満室時)

サラリーマンが忙しくて物件を見に行く暇もない。
素人で不動産に関してよく分からない!
不器用でDIY大家さんにはなれない!

そんな私ですが家賃1億を目指してがんばります。

お気軽にコメント残してください。

~収益物件仲介業者様へ~

現在大阪を中心に関西方面で物件を探しております。
情報のご提供はを右下のメールフォームからいただければ
ご連絡させていただきます。

~書籍等~
Big tomorrow 2009年3月号
『1億円稼いだサラリーマンの「お金が急に増えだしたきっかけ」』

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

サイト情報

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

高家賃物件の借主さん
訪問ありがとうございます。ポチっと応援クリックお願いします。


1棟目、3棟目は家賃10万円を超えるファミリーですが、
ファミリー物件に住む入居者のイメージとしては
普通にお父さんが働いて、奥さんと子供を養っている3-4人家族でした。

しかし、私の物件に限ってか分かりませんが、
普通にお父さんが働いて、奥さんと子供を養っている家族というのは、ほとんどいないようです。
収入のある人が2-3人いる世帯が多いです。

具体的には。。。。
応援クリックして続きを読む
夫婦または同姓で共働き、
夫婦の一方が働いていて、子供2人が社会人
ルームシェアの男同士、または女同士

こちらとしてはそれなりに高収入の得られる企業に勤めていて
会社補助もありながら、旦那の給料で家賃を払ってもらうようなケースが
安心そうな気がしますが、現実はそうではありません。

今のご時世10万円を超える額を会社の補助なしで
一人の給料から支払うことはなかなか少ないようです。

そういう意味では都心ファミリーは需要母数が少ないターゲットです。
さらに大阪市内で元々ファミリー賃貸も供給量が少ないので、
少ない母数を奪い合う競争も少ないのは事実です。

さらに、今後持ち家派より、賃貸派が確実に増えていることも確かです。

ですので、その立地、間取り、家賃などのバランスが
少ない母数の中から出来るだけ多い入居希望をえられる物件や条件設定が出来ているか?
さらに差別化された魅力で少ない需要をつかめるか?

というのが、物件選びと賃貸経営の鍵になってくるように思われます。

続く、応援クリックお願いします→人気ブログランキングへ

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

景気 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/08/20(金) 12:40 ]

<<管理会社さんの熱意 | ホーム | 3棟目満室!>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yachin1oku.blog36.fc2.com/tb.php/329-c3b296f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 サラリーマン、なるか家賃1億円に王手 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。