サラリーマン、なるか家賃1億円に王手
>> ホーム
>> RSS1.0
FC2カウンター

プロフィール

グローバル

Author:グローバル

お気に入りに追加♪



⇒私の人生を変えた本です。

人気ブログランキングへ

~大阪出身 サラリーマン~
サラリーマンの傍ら、
大阪不動産投資で副収入を得ています。

サラリーマン年収をあげるにはどうするか良いかを徹底研究し、
高評価を受け、さらに転職。転職先でもスキルを磨き続け、年収をあげ続けている。
そしてその年収を引っさげて不動産投資開始。

投資開始後1年で家賃収入が年収の数倍に。
サラリーマンの年収アップと不動産収入のアップの
ハイブリッド収入で、なんにもなしから資産家を目指す。

1棟目 2007年9月 ファミリー23部屋、2店舗、屋外広告
月家賃290万円
2棟目 2008年7月 シングル45部屋 1店舗、2駐車場、駐輪場 月家賃390万円

3棟目 2010年3月 ファミリー7部屋 1店舗、1駐車場、駐輪場 月家賃120万

現在:月間家賃 約800万円/月 約9600万/年(満室時)

サラリーマンが忙しくて物件を見に行く暇もない。
素人で不動産に関してよく分からない!
不器用でDIY大家さんにはなれない!

そんな私ですが家賃1億を目指してがんばります。

お気軽にコメント残してください。

~収益物件仲介業者様へ~

現在大阪を中心に関西方面で物件を探しております。
情報のご提供はを右下のメールフォームからいただければ
ご連絡させていただきます。

~書籍等~
Big tomorrow 2009年3月号
『1億円稼いだサラリーマンの「お金が急に増えだしたきっかけ」』

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

フリーエリア

サイト情報

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

耐用年数オーバー物件の注意すべき点2
前回、SMBCが築古物件を持っているとかなり厳しく見ることを書きましたが、
もう少し詳しく説明したいと思います。

たとえば次のような状況です。

現金で3000万円の木造築22年の物件を所有
物件の積算価格;土地4000万、建物0(耐用年数経過)
家賃収入:    年間600万円 現状ほぼ満室
物件の維持経費:100万円
サラリーマン年収: 500万円
金融資産:1000万円(現金、株など)

この人の資産は、土地4000万+金融資産1000万の計5000万

この人の収支は家賃によるCFが500万
サラリーマン年収500万をあわせて1000万円です。

しかし、前回述べたように築古物件はいつ入居率がゼロになってもおかしくないと
SMBCは判断します。
さらに所有することによる100万円の経費は継続的にかかると考えるので
家賃収入0、物件維持経費100万円がマイナスとなり、
収支は400万円の年収とみなされてしまいます。

このような考え方によって、給料を合わせて、1000万のCFが実際に出ていて、
それで確定申告していても、審査の段階ではサラリーマン年収を下回る400万で判断されるのです。

しかも資産についても4000万の土地値であったとしても
資産の概念を不動産と現金は別に見られるので、流動性のない不動産資産は
現金資産よりも低く見られるのです。

上記のような収支と資産の考え方によって、築古物件を所有していた場合、
SMBCに関しては著しい与信の毀損をしているということになるのです。

SMBC以外の金融機関についても、大阪をはじめ関西で利用できる金融機関について
今後も触れていきたいと思います。


融資 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/03/04(金) 23:04 ]

<<融資をうける順番として重要なこと | ホーム | 耐用年数オーバー物件の注意すべき点>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yachin1oku.blog36.fc2.com/tb.php/372-0cce6378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 サラリーマン、なるか家賃1億円に王手 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。