サラリーマン、なるか家賃1億円に王手
>> ホーム
>> RSS1.0
FC2カウンター

プロフィール

グローバル

Author:グローバル

お気に入りに追加♪



⇒私の人生を変えた本です。

人気ブログランキングへ

~大阪出身 サラリーマン~
サラリーマンの傍ら、
大阪不動産投資で副収入を得ています。

サラリーマン年収をあげるにはどうするか良いかを徹底研究し、
高評価を受け、さらに転職。転職先でもスキルを磨き続け、年収をあげ続けている。
そしてその年収を引っさげて不動産投資開始。

投資開始後1年で家賃収入が年収の数倍に。
サラリーマンの年収アップと不動産収入のアップの
ハイブリッド収入で、なんにもなしから資産家を目指す。

1棟目 2007年9月 ファミリー23部屋、2店舗、屋外広告
月家賃290万円
2棟目 2008年7月 シングル45部屋 1店舗、2駐車場、駐輪場 月家賃390万円

3棟目 2010年3月 ファミリー7部屋 1店舗、1駐車場、駐輪場 月家賃120万

現在:月間家賃 約800万円/月 約9600万/年(満室時)

サラリーマンが忙しくて物件を見に行く暇もない。
素人で不動産に関してよく分からない!
不器用でDIY大家さんにはなれない!

そんな私ですが家賃1億を目指してがんばります。

お気軽にコメント残してください。

~収益物件仲介業者様へ~

現在大阪を中心に関西方面で物件を探しております。
情報のご提供はを右下のメールフォームからいただければ
ご連絡させていただきます。

~書籍等~
Big tomorrow 2009年3月号
『1億円稼いだサラリーマンの「お金が急に増えだしたきっかけ」』

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

サイト情報

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

不動産投資ブームの終焉が来るのか? 2
今日は先日書いたフルリフォームの仕上がりです、
明日管理会社さんから写真を送ってもらえる予定になっています。
キッチンの入れ替えで時間がかかってしまいましたが、リフォーム完了後入居が早く決まることを祈っています。
さらに家賃を上げていますので、家賃アップが可能なのか楽しみです。


さて不動産ブームに終焉が来るのか、の話に戻りますが、
このバブル崩壊以降の不景気で、誰もが副収入がほしくて、
将来の年金代替の金融商品というのは魅力的です。

私も不動産投資緒始めた理由は年金代わりの金融商品を探していたことです。

今は現金を銀行に預けてもほとんど利息がつかないのですが、
銀行預金が立派な金融商品として魅力のある価値をつけたらどうでしょうか?

もうお気づきだと思いますが、金利の上昇です。

金利の上昇はいろんな意味で不動産投資に歯止めを掛けます。


まず、融資を受けて不動産投資をしている人の利益を削ります。
中には返済が出来なくて、破産する人も出るでしょう?
売却する場合も、購入者が高い金利で融資を受けなくてはいけないために、
かなり利回りを上げて(価格を下げて)売らないと売れないという事態になりますから
売るに売れないという事態が発生します。

同じことですが、購入する立場になると利回りがかなり回っていないと、
高金利で融資を受けて購入することは出来ません。
不動産投資どころか、定期預金に預けたほうがよっぽどリスクがなく、投資価値が高いという状況です。

おそらくその金利の目安としては1年定期預金の金利が4+/-1%程度ではないかと思います。
定期預金が4%程度だと、不動産ローンの金利は6-8%程度になります。
今市場に回っているような利回りで不動産投資をしたいと思うでしょうか?

現在の超低金利と収益不動産の投資利回りのギャップを利用した投資法で成り立っている現在の不動産投資ブームは
このように金利の上昇とともに急速に弱まっていくと思われます。

しかし世界に目を向けると定期預金が4%程度の国は色々あります。
それらの国でも不動産投資は積極的に行われていますが、ある特徴があります。

それについては次回に続きます。
不動産哲学 | トラックバック:0 | コメント:3
[ 2011/06/21(火) 04:16 ]

<<不動産投資ブームの終焉が来るのか? 3 | ホーム | 不動産投資ブームの終焉が来るのか?>>

コメント
私自身は金利上昇に耐え切れるのか…
グローバルさん

こんばんは。

当方の質問にお答えいただき、

有難うございます。

>まず、融資を受けて不動産投資をしている人の利益を削ります。
中には返済が出来なくて、破産する人も出るでしょう?

やはり、そういうことになりますよね。

金利上昇、空室率上昇、賃料低下のために
返済できなくなる可能性を見ないようにしている
もしくは見えていない投資家の方が非常に多いように思えます。

グローバルさんにお聞きした

「不動産投資ブームの終焉」が
こないように祈りつつ、

でも実際にきたときに自分自身が耐え切れるのかを
考える日々です。

貴重な見解をいただき有難うございます。

さすがです。


URL | 関西のけんたろ #- | 2011/06/21(火) 20:08 [ 編集 ]

Re: 私自身は金利上昇に耐え切れるのか…
関西けんたろ様、

金利上昇は不動産投資にとってはピンチですが、
逆にチャンス到来という見方も出来ます。

とにかく現金をためているかどうかが、
そのチャンスを生かせるかどうかのポイントになってくると思っています。
URL | グローバル #- | 2011/06/25(土) 17:56 [ 編集 ]

現金ためまーす


URL | 関西のけんたろ #- | 2011/07/08(金) 19:37 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yachin1oku.blog36.fc2.com/tb.php/397-bbcabbc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 サラリーマン、なるか家賃1億円に王手 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。