サラリーマン、なるか家賃1億円に王手
>> ホーム
>> RSS1.0
FC2カウンター

プロフィール

グローバル

Author:グローバル

お気に入りに追加♪



⇒私の人生を変えた本です。

人気ブログランキングへ

~大阪出身 サラリーマン~
サラリーマンの傍ら、
大阪不動産投資で副収入を得ています。

サラリーマン年収をあげるにはどうするか良いかを徹底研究し、
高評価を受け、さらに転職。転職先でもスキルを磨き続け、年収をあげ続けている。
そしてその年収を引っさげて不動産投資開始。

投資開始後1年で家賃収入が年収の数倍に。
サラリーマンの年収アップと不動産収入のアップの
ハイブリッド収入で、なんにもなしから資産家を目指す。

1棟目 2007年9月 ファミリー23部屋、2店舗、屋外広告
月家賃290万円
2棟目 2008年7月 シングル45部屋 1店舗、2駐車場、駐輪場 月家賃390万円

3棟目 2010年3月 ファミリー7部屋 1店舗、1駐車場、駐輪場 月家賃120万

現在:月間家賃 約800万円/月 約9600万/年(満室時)

サラリーマンが忙しくて物件を見に行く暇もない。
素人で不動産に関してよく分からない!
不器用でDIY大家さんにはなれない!

そんな私ですが家賃1億を目指してがんばります。

お気軽にコメント残してください。

~収益物件仲介業者様へ~

現在大阪を中心に関西方面で物件を探しております。
情報のご提供はを右下のメールフォームからいただければ
ご連絡させていただきます。

~書籍等~
Big tomorrow 2009年3月号
『1億円稼いだサラリーマンの「お金が急に増えだしたきっかけ」』

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

サイト情報

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

不動産投資ブームの終焉が来るのか? 3
フルリフォーム後の写真が管理が医者さんから送られてきました。

写真は入れ替えしたシステムキッチンです。
この写真の上には棚と換気扇フードがついていて
設置料込みで24万円でした。
最低グレードの品物ですが、賃貸用としては十分だと思います。

DSC09963.jpg   
Before (いかにも昭和の物件という感じでした)  扉もぼろぼろ

DSC00601.jpg
After(床の色もさりげなく変っていて、新婚さんも入居者候補な物件になりました。)


前回、金利が上がると不動産投資ブームにかげりがありそうだと書きましたが、
日本以外では、金利が高いにもかかわらず不動産投資が活発に行われている国があります。
これらの国に共通した特徴とは。。。。

金利が高いにもかかわらず、不動産投資が積極的に緒のなわれる理由は、
不動産の価格はあがるものが前提という場合です。
不動産は価値が下がることのない資産価値のあるものと、その国での常識がある場合、
金利が高くても不動産を購入する人は多くいるのです。
銀行もお金を貸します。
返済額=家賃収入 (利回り物件) となっても全然問題ないのです。
数年後に売却すると、何十%のキャピタルゲインがあるのです。

このような不動産バブルが最近はじけた例が、サブプライムローン問題であり、
日本のバブルでもありました。
この二つのバブルに共通していたのが、フルローン、高金利で不動産に融資をしていたことです。

しかし、国によっては規則でフルローンは禁止しているところもあり、
3割程度の自己資金は準備する必要があるとガイドラインが出ているところもあり、
このような場合は簡単にバブルがはじけません。
売却価格が3割下がったとしても売れば破産は避けられるので、リスク回避が最初から出来ているのです。
3割の自己資金を出せる人は、何十%とキャピタルゲインを得て、ますます金持ちになり、
自己資金のない人は、不動産投資の恩恵を受けられず、富裕層との格差が広がっていく傾向があるようです。

話がそれましたが、日本では同様のことは将来ほとんど起こる可能性は低いでしょう。
国や日銀としては金利を上昇させたいのですが、景気がついてこないため、簡単に金利を上げられないでしょう。
早く欧米の景気が回復して、まず欧米の金利が上がって、
そのため円安になって、日本の輸出企業の業績が急回復し、
それで日本の景気がよくなり、金利をやっと上げられる、というのが望ましい金利上昇のストーリーだと思っています。

それで、今の不動産投資ブームというのは一段落をするでしょう。

ココからが重要なのですが、
一旦不動産投資ブームは一段落しながら、金利が高いままでも、
その2、3年後にまた熱を帯びてくるのではと思っています。

どういうことかというのは次回に書きたいと思います。
不動産哲学 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/06/23(木) 01:06 ]

<<不動段投資ブームの終焉 | ホーム | 不動産投資ブームの終焉が来るのか? 2>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yachin1oku.blog36.fc2.com/tb.php/398-e10cd4b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 サラリーマン、なるか家賃1億円に王手 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。