サラリーマン、なるか家賃1億円に王手
>> ホーム
>> RSS1.0
FC2カウンター

プロフィール

グローバル

Author:グローバル

お気に入りに追加♪



⇒私の人生を変えた本です。

人気ブログランキングへ

~大阪出身 サラリーマン~
サラリーマンの傍ら、
大阪不動産投資で副収入を得ています。

サラリーマン年収をあげるにはどうするか良いかを徹底研究し、
高評価を受け、さらに転職。転職先でもスキルを磨き続け、年収をあげ続けている。
そしてその年収を引っさげて不動産投資開始。

投資開始後1年で家賃収入が年収の数倍に。
サラリーマンの年収アップと不動産収入のアップの
ハイブリッド収入で、なんにもなしから資産家を目指す。

1棟目 2007年9月 ファミリー23部屋、2店舗、屋外広告
月家賃290万円
2棟目 2008年7月 シングル45部屋 1店舗、2駐車場、駐輪場 月家賃390万円

3棟目 2010年3月 ファミリー7部屋 1店舗、1駐車場、駐輪場 月家賃120万

現在:月間家賃 約800万円/月 約9600万/年(満室時)

サラリーマンが忙しくて物件を見に行く暇もない。
素人で不動産に関してよく分からない!
不器用でDIY大家さんにはなれない!

そんな私ですが家賃1億を目指してがんばります。

お気軽にコメント残してください。

~収益物件仲介業者様へ~

現在大阪を中心に関西方面で物件を探しております。
情報のご提供はを右下のメールフォームからいただければ
ご連絡させていただきます。

~書籍等~
Big tomorrow 2009年3月号
『1億円稼いだサラリーマンの「お金が急に増えだしたきっかけ」』

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

サイト情報

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

不動段投資ブームの終焉
フルリフォームした写真を前回載せましたが、
リフォームがアップする前から,フルリフォームしたすることを事前に
複数の仲介業者さんに連絡していたため、仲介業者さんからの物確(物件確認)の訪問がすごいです。
家賃アップにも関わらず早く埋まってくれるでしょう。
そもそもこの部屋は、某有名リノベーション会社に依頼するか検討して、
見積もりを待ったりしていましたので、1か月程度リフォーム前の状態で放置していました。
結局リノベーション会社の見積もりがデザイン費用以外で家賃の3カ月以上高かったので、
安くリフォームすることができました。しかし、空室は空室。
機会損失を最小化するために早く入居者にこのアップグレードされた部屋を見てもらいたいです。

さて、前回の続きですが、金利が上昇後も不動産投資の熱が上がるということですが、
金利が高くなると、持ちこたえられなくなった不動産オーナーの破産物件が増えてくるのは間違いないですが、
普通の利回りの物件では、高金利時代では売れません。
だから必然的に、物件価格を下げて、その金利でも投資に見合う利回りになるしかないのです。
そして、収益不動産の利回りと、金利のギャップの差を利用して利益を出すという構図は同じになるのです。
ここで不動産を購入する人は、ラッキーです。
現金で購入する人は、それだけ利回りの高い物件を購入することになり、満室経営により、
現状の手金利時代の物件を現金で購入するより、はるかに効率のよい投資になります。
将来金利が下がるしかないくらいの高金利で融資を受けて、CFが十分に出せるようであれば
将来の金利低下を見越すと期待で見るキャッシュフローは大きなものがあります。

金利と不動産価格はある一定の連動性を持っているので、
金利の高い安いに関係なく収益不動産の需要はあるものと予想しています。

結論として、不動産は投資という側面がある以上、波はあるものの
不動産を利用してもうけようとしている人が存在する限りある程度の人気はあるということです。

最後に金利に関して、いつまでこの低金利時代が続くかということですが、
私個人の意見を申しますと。。。。

アメリカの金利上昇につられて日本でも少しの金利上昇があると予測されますが、
大幅な金利上昇は5年以内には絶対ないと思います。
10年でも可能性は低いですが、まだまだ金利は低いと思います。

理由は簡単で、簡単に金利を上げると、死んでしまう企業や個人事業主が多すぎるからです。
震災の復興でまた経済落ち込み、
日本という国が景気の底からの出口を全く見いだせていないところがその根拠です。

10年というスパンで見ても日本全体として景気を上げていける産業・要素があまりにもありません。
私としては、政府に法人税を下げてもらって、大企業に元気を与えて、
バンバン利益を出して再投資できる環境に持って行って行かないと日本景気は上がらないと思っています。
政府の判断と将来の金利は関係していますので、金利のことを考えて投資するかしないかはあなたの判断です。

不動産哲学 | トラックバック:0 | コメント:1
[ 2011/06/24(金) 18:50 ]

<<フルリフォームの結果 | ホーム | 不動産投資ブームの終焉が来るのか? 3>>

コメント
グローバルさん

こんばんは

貴重なご見解をいただき、ありがとうございました。

グローバルさんがご指摘の金利上昇の局面でも

現在の物件が持ちこたえられるよう、

かつ有利な条件で新たな物件を購入できるような

属性と財務内容を目指したいと思いました。

グローバルさんと同様、本職も頑張りつつ、

大好きな不動産分野でこつこつと頑張っていこうと

身が引き締まる思いです。

グローバルさんにご意見をお聞かせいただき

感謝しております。

関西のけんたろ



URL | 関西のけんたろ #- | 2011/06/30(木) 22:11 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yachin1oku.blog36.fc2.com/tb.php/399-f4ad77d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2017 サラリーマン、なるか家賃1億円に王手 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。