サラリーマン、なるか家賃1億円に王手
>> ホーム
>> RSS1.0
FC2カウンター

プロフィール

グローバル

Author:グローバル

お気に入りに追加♪



⇒私の人生を変えた本です。

人気ブログランキングへ

~大阪出身 サラリーマン~
サラリーマンの傍ら、
大阪不動産投資で副収入を得ています。

サラリーマン年収をあげるにはどうするか良いかを徹底研究し、
高評価を受け、さらに転職。転職先でもスキルを磨き続け、年収をあげ続けている。
そしてその年収を引っさげて不動産投資開始。

投資開始後1年で家賃収入が年収の数倍に。
サラリーマンの年収アップと不動産収入のアップの
ハイブリッド収入で、なんにもなしから資産家を目指す。

1棟目 2007年9月 ファミリー23部屋、2店舗、屋外広告
月家賃290万円
2棟目 2008年7月 シングル45部屋 1店舗、2駐車場、駐輪場 月家賃390万円

3棟目 2010年3月 ファミリー7部屋 1店舗、1駐車場、駐輪場 月家賃120万

現在:月間家賃 約800万円/月 約9600万/年(満室時)

サラリーマンが忙しくて物件を見に行く暇もない。
素人で不動産に関してよく分からない!
不器用でDIY大家さんにはなれない!

そんな私ですが家賃1億を目指してがんばります。

お気軽にコメント残してください。

~収益物件仲介業者様へ~

現在大阪を中心に関西方面で物件を探しております。
情報のご提供はを右下のメールフォームからいただければ
ご連絡させていただきます。

~書籍等~
Big tomorrow 2009年3月号
『1億円稼いだサラリーマンの「お金が急に増えだしたきっかけ」』

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

サイト情報

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

IN TIME
前回、世界長者番付の記事を書きましたが、お金に関する映画を見ました。

そのタイトルはIN TIME
日本でも公開中で日本のタイトルは"タイム" 公式サイト

内容は Time is Moneyという概念を実写化したようなもの、
さらにTime is Lifeという概念が入っていて、

体内時計で残りの寿命が腕に表示される。
その寿命は通貨にもなっていて、腕から寿命のやり取りをして、お金として使用できる。
だから物品やサービスはすべて寿命時間を削りながら購入する。
また働いた賃金は寿命時間として加算される。

さらに社会が時間格差を生んでいて貧しい地域の人は、日雇労働を毎日して生きながらえていて、
その賃金では1日生きれるかどうか。1日働いて24時間分の寿命時間が与えられる程度。
そしてインフレも凄まじくコーヒーが一杯3分から4分に値上がりしていく。
そして時間が切れた人は、その瞬間に心臓がドキンとして死んでしまう。(ちょっとデスノートのように)

時間格差はタイムゾーンという地域で閉鎖されていて、お金をデポジットしないと行き来できない。
貧乏人は金持ちの地域に入れなくなっているんです。

ある人から100年もの寿命時間をもらったにもかかわらず、その日働きに出た母親
(実際は50歳だがこの世界の特徴により見かけは25歳の美女)が通勤バスの値上がりで
バスに乗れず、走って帰ることになり、息子から時間を分けてもらえず死亡。

その悲しみを乗り越えるために、リムジンをチャーターして金持ちの住むタイムゾーンに
そのタイムゾーンは寿命時間に苦しむことにない人々が、高級ホテルやカジノを楽しんでいる。

実はそんな格差社会を作っている側が存在していて、最後にはそれを破壊して人々に時間の供給が十分にされて
タイムゾーンも廃止されるというラストシーン。

素晴らしい映画とは思いませんでしたが、非常に考えさせられる映画でしたので是非見ることをおすすめします。

自分の寿命は健康に暮らせてもあと60-80年くらいですが、その世界では成功すれば永遠に生きられる。
貧しいままだと1日もたない。

我々の世界は、お金には不平等ですが、寿命はほぼ平等です。
Time is moneyとは言われまずが、
別の見方をするとお金では健康や若さは買えない。
毎日毎日の1分、1時間を本当に大切に使いたいと思わせてくれる映画でした。

その他 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/03/23(金) 00:18 ]

フォーブス世界長者番付
フォーブス誌による2012世界長者番付 ビリオンエアー(10億ドル以上の資産所有者)のランキング が発表されましたね。

今年もTOP3は変化なしということですが、No1のお金持ちがアメリカ人を抑えてメキシコ人というのは意外です。
日本人でもビリオンエアーは結構いるんですね。 個人的にはもっと日本人に上位にいてほしいし、
世界の中での存在感を示して欲しいと願っています。

このリストを見ると誰もが知っている有名人や知らなくてもその業界では誰もが知っている有名人ばかりです。
なくなったアップル社のスティーブジョブスさんも2011年度には上位にランキングされていました。
その資産が誰に引き継がれたのか気になっていましたが、奥さんにちゃんと相続されていて100位にランキングされていました。
その奥さんもスタンフォードの大学院出ているんですね。しかもその卒業の年にスティーブと結婚。
結婚前にもゴールドマンサックスで働いた経験もあるような才女でもあるんですね。
なんかいわゆる普通とはかけ離れすぎていて、夫婦像というのも想像を超えます。(笑)

ところで、このビリオンエアーのリストの中で、なんと私が一緒に食事をさせていただいたことのある人がいます。
何年からビリオンエアーになったのかわかりませんが、このリストの中と食事をしたということ自体、貴重な体験です。

たしかにこのリストを見る前から、今まで私があった中で一番のお金持ちだろうとはわかっていましたが、
このように世界のリストに乗ってくると改めて感心します。

確かに今思ってみても普通ではあり得ないところで食事をしました。
自社ビルの屋上会にチャイニーズレストランがあり、(まずそのレストラン自体が一般公開されているものなのか、社員かVIPの専用なのかもわかりませんでした)
そのレストランは明らかに貸し切り状態で、お客さんはその方を含めて合計8人の私たちしかいませんでした。
その人は当時社長ではなかったのですが、その方よりはるか年配のグループ会社の社長達がお付きのようにご一緒していたのが印象的でした。

その国での中華料理は一般的には美味しくないのですが、もちろんそのレストランでの中華料理は絶品でした。
その時私はその方の経歴等あまり詳しくなかったのですが、海外で修士、MBAを取得されたようで、英語もできるようなのですが、日本人である私にはすべて日本語で話してくださいました。
立ち振る舞いも紳士的で私は非常に良い印象をもちました。
しかし、ある経営手法についてどう思うか質問されたのですが、私はその経営手法は日本では非常にマイナーで
実践している光景を実際に見ましたが、本当に非効率に見えたので、かなり否定的なことをお話しました。

これが翌週大変なことに進展するとは全く想像ができませんでした。。。。
そのかたの指示で連絡を頂いて、その翌週すぐにその経営手法についてのセミナーに招待するから
来週1週間時間をくださいということでした。

その経営手法について否定的な意見ばかり言っていたので、その良さや有利点を私に認識してもらうためセミナ を受けて欲しいというリクエストでした。

あとにも先にもこのような方と会うことはありません。とおもいます。。。
その他 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/03/12(月) 23:51 ]

近況
最近すっかりブログから遠ざかっていました。

久々にアップデートできることを嬉しく思います。(笑)

ブログを更新できなかったのは、ずばりサラリーマン業が忙しく、
それでいてエキサイティングに面白いところです。

こんなに楽しく働いているのはしばらくぶりです。

毎日議論をしながらTeamで業務を進めていけるのは本当に面白いです。
まさにサラリーマンでないと味わえない醍醐味だといえます。

その本業より収入の多い賃貸業ですが、
これまたマッタリと安定しています。

特にトラブルもなく、管理会社さんからいろいろ連絡をもらうような家賃交渉もなく、
去年の3月に3棟目を購入して、完全に安定期に入っている感じです。

もちろん空室の入れ替えは一月に1-2室ほどありますが、黙っていれば勝手に進んでくれる
クルージング状態といっていいのでしょうか。。。

もちろん、しばらくするとなにがしかのトラブルなどが起こってくるでしょうが、
入居者さんたちの質もそれなりに安定しているような?気もします。

あさっての土曜日から9日間の夏休みです。

結婚して2回目の家族で国内旅行です。
今回は日本の景気にも貢献するため、国内で消費活動をしようと決めていました。
北海道にしようと思いましたが、夏休み期間は北海道から大阪などに移動する飛行機がべらぼうに高いためあきらめました。
ですので九州旅行。
修学旅行以来の長崎にも行くので楽しみです。

もちろん不動産活動は一切なしでの私費での旅行です(笑)。
九州の物件も見たい気もしますが、せっかくの家族旅行が台無しになりますから。。。

ということで、皆さんこれからますます暑くなりますが、この夏を楽しみましょう。
私も暑い日本の夏にバテないか心配です。

お体を大切に。。。
その他 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/07/28(木) 21:01 ]

懸賞に当たりました
以前、住友不動産で行っていたアンケートに答えたらテレビが当たったと自宅に連絡があり、
先週商品が届きました。

当たった賞品はソニーのLED液晶TV40型 3D対応!

最新のタイプなので電気店で購入すると結構高価なものでしょう。

でも自宅のTVは最近安物の40型液晶TVに換えたばかりだったので
設置するところがありません。

ということで、箱はそのままになっています。

3Dを見るソフトやブルーレイプレーヤーもないので。。。。

そのまま放置するのももったいないので、
オークションで売るか、物件のモデルルームに設置するか、
有効な方法を検討したいです。。。


応援クリックお願いします→人気ブログランキングへ
その他 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/04/26(火) 23:39 ]

ハイブリッド収入アップ
タイトルにもありますように、私はサラリーマンですが
サラリーマンと家賃収入から得られるCFのハイブリッド収入です。

去年サラリーマン年収が昇給したことを書きましたが、
今年も昇給の時期になりました。

あまり目に見えて売り上げに貢献できた年ではなかったと自信がなく
今年はステイと思っていました。

しかし、結果は意外にも

また区分ワンルームの家賃程度の昇給!

空室はないので、ありがたいです。

思えば転職してからだいぶ給料も上がりました。
毎年ワンルームを1室増やしているような感じです。
その分年も増えているので、相応かもしれませんが、
このご時世では本当にありがたく思います。

仕事の内容も面白いし、
これだからサラリーマンはやめれません。
セミリタイヤまではまだまだです。

ところでサラリーマンの給料にはボーナスというのがありますね。
私はボーナスがいつもゼロなんです。
あの嬉しいボーナスがないんですね。

しかし、実は日本のボーナスのシステムというのは給料の後払いなんですね。
礼金は家賃の一部を先払いしているという概念とちょうど反対とも取れます。

業績の良し悪しでボーナスの額が変わるのです。
最悪はボーナスカット、ボーナスなしということもあり得ます。
一年生活は同じなので、固定年収というのがサラリーマンの立場からはありがたいのですが、
会社の都合でボーナスを自由に操作できるようになっています。

私はもともとボーナスがありませんので、嬉しいボーナス時期というのはありませんが、
年収が年初に確定しているボーナスなしというのを受け入れています。

その他 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/04/21(木) 22:24 ]

前のページ 次のページ
copyright © 2017 サラリーマン、なるか家賃1億円に王手 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。